プロフィ–ル

       1977年東京下町生まれ。

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空から降りてくるインスピレーションに任せて

この身体がまるで何かに動かされているように

けれど心から自由な気分で、絵や文を描き続けられる時が

こどもの頃からしばしばありました。



時にそれが自由でなくなる時もありました。


生い立ちから心の内に生まれた習慣や苦悩。

家庭、学校、社会生活の中で感じていた不協和。

 



(こうした事はほとんどと言っていい程多くの方が経験していることなのでしょうけど)

自分自身の心に我慢を強いれば強いる程、

年を追うごとに、徐々に自由な感覚は失い

インスピレーションは影を潜めました。

それでも芸術の道を志し、かつてのようにと

焦れば焦るほど、自由には描けなくなっていきました。


何が原因なのかは当時はさっぱりわかりませんでした。


まったく無意識の内に、私の内に築かれていたものが

私自身を不自由にしていたのです。




再びはっきりと感覚が自分の内に戻ったのは、

社会的にも、未曾有の大混乱期だったあの頃。



原発事故後、出産を機に高知県の山里に移住。

思いがけない出来事、突然の奔流の連続の中、

それまでの人生では全くゆかりのなかった

ヒーリングの世界にあれよあれよと言う間に

入り込んで行くことに。



レイキ、ヘミシンクの師に出逢い、伝授され、

癒され、私自身も実践をする内に

開かれた私の感受性がキャッチしたものは、

「書き」

「描き」

「癒す」…こと





私にとってこの上なく自由で楽チンで、

他のどんなことよりも楽しくて、

よく知っている…

あの、とても懐かしい…

「空から降りてくるインスピレーション」

そのものだったのです。


それは消えてしまったのではなく、

私がしなければならなかったのは、

ただ心を解放して、受け取る気持ちになる。

今にして思えば、ただそれだけのことだったのでした。




そうして初めて人にヒーリングをした時から、

その人の潜在意識が作り出すドラマが観えました。

 


・本人は氣付いてさえいない事が、その人の行動を制限している。

・小さい頃の悲しい経験が、未だに、その人の意思決定の礎になっている。


そんな事が、ヒーリングをすると分かったのです。

 

そして、その苦悩は私のしてきたものと同じものでした。

それを伝える事で、誰かを勇氣づけたり、

楽にしたりすることが出来たのです。 


「私自身が解放されるだけではない。私がする事で、誰かが解放されて行く。」


そして解放されるに連れて、誰もが(私自身も)、

それぞれのインスピレーションの源と、

それぞれの仕方でより親密にコミュニケーションがとれるようになっていったのでした。



それは私がこれまでの人生で初めて手にした大きな喜びでした。

自分が、誰かに出来る事がある。

自分の力を必要としてくれる人がいる。

なんだか、初めて、世界と繋がった氣持ちでした。






そうして現在に至るまで、



・お客様の潜在意識に繋がりリーディングしたメッセージをお伝えする遠隔ヒーリング。



・お客様のハイヤーセルフ(あなたのインスピレーションの源となる高次のあなたのことです。)や、

大切な「モノ」(あなたを良く知る、良き理解者です。)

にチャネリングして、

見えるヴィジョンをドローイングと詩のかたちでお伝えするなど


「理想への旅路を照らすメッセンジャー」

「ペインティングヒーラー」


として活動しています。  




以上、簡単な自己紹介でした。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。



あなたが、あなたの感覚に氣付き、信じて生きて行かれます様に。